アトピー性皮膚炎治療TOP >  赤ちゃんとアトピーについて

赤ちゃんとアトピーについて

スポンサードリンク

アトピー性皮膚炎とはアレルギーのひとつで主に顔や首、手足の裏側など
にできて痒みを伴います。慢性的に続くアトピー性皮膚炎は生後4ヶ月を過ぎてから
診断され、それまでの皮膚炎に関してはすぐに治るとされます。

赤ちゃんに多いのは汗や皮脂が原因でトラブルになる脂漏性湿疹
頭部やまゆ毛のところにできます。
アトピーは遺伝性も高いとされますが、家族にアレルギーの病気に
なるほど症状の強い人がいなくてもアトピー性皮膚炎になる要素をもつ
両親もいるということです。

赤ちゃんのアトピーは赤ちゃんの内臓が未発達のためか原因が
食物のことが多く、また皮膚も未成熟のため症状がでやすくかゆみで
掻くことによっても炎症は広がります。

アトピーは体質が元になる病気ですので完治するということは無いですが、
だんだん軽くなったりほとんどよくなることもあります。
赤ちゃんは皮膚が弱く症状が出やすいのですがその分直りも早いのです。

赤ちゃんがアトピーかと疑われたら、まずはかかりつけの小児科に行くようにし、
皮膚の症状が強いときは皮膚科へ、皮膚以外にも症状があるときは
アレルギー科を受診しましょう。

スポンサードリンク

    


                            アトピー性皮膚炎治療TOP