アトピー性皮膚炎治療TOP >  乳幼児のアトピー

乳幼児のアトピー

スポンサードリンク

乳幼児は主に消化管が未発達のために食物のアレルギー
なることが多いようです。食物アレルギーは異物(対象となる食物)が
体内に入るときに口と、その跡に腸に接しますからまず口の周りに湿疹ができ
下痢や嘔吐をともないます。
やがて小腸から全身を回る血液によって異物は運ばれてゆき
小さな発疹ができ始めます。

アレルギー体質の人は皮膚の外側からの刺激によるアレルギー以外に
体の内側から来る食物に対しても過敏に反応してしまうため、
食物アレルギーアトピー性皮膚炎が同時に起こってしまうのです。

食物のアレルギーは早く原因を見つけると、それだけ早くその原因物質に対して
耐性も獲得されますので、できるだけ早く治療を始めることがよいとされます。
特に原因が食物の場合は治療が早いと、異物と感知された食物が
再度摂取可能になることも多いのです。

食物アレルギーを起こしやすいのはタマゴ、牛乳、小麦とされていますが
乳幼児ではタマゴや牛乳が原因であることが多いですし、
それ以降だと小麦やそばなどに異常を感じることが多いようです。

こうした原因物質も早い段階で突き止めこれらの物質を除いた
食事を与えるようにしましょう。早めの取り組みは大事です。

スポンサードリンク

    


                            アトピー性皮膚炎治療TOP