アトピー性皮膚炎治療TOP >  アトピーとアレルギー

アトピーとアレルギー

スポンサードリンク

アトピー性皮膚炎アレルギー反応が原因でおこる湿疹のひとつで、
外部からの異物や体へのストレスなどによってからだが過剰に反応してしまい
皮膚に炎症を起こしてしまうという病気です。

アレルギー反応というのは免疫反応のことで、人の体にはみな
この仕組みが備わっていてもともとは体に必要なものです。

免疫反応には大きく二つあり体に毒物や細菌などよくないものが
入ってきたときに反応するT型の免疫と、体に異物が入ってきたときに
何らかの症状を起こして警告を与えるU型の免疫があります。
二つは相互に作用しあっています。

T型の免疫作用が強く出ているときは、U型の免疫作用は抑えられ、
アレルギーはこのうちU型の免疫が働きすぎるということになります。

異物(アレルゲン)が、最初に免疫に接したときに、免疫グロブリンという抗体が作られ、
それでもアレルゲンが減らないときは、免疫グロブリンを持つ細胞は
複数の物質を放出して周囲の組織に炎症を起こしてしまうのです。

異物が無いような生活習慣でのストレスでも、ストレスにより体の
自律神経系が狂ってしまうことで、免疫系は調子を崩しやすいということが解っています。

スポンサードリンク

    


                            アトピー性皮膚炎治療TOP