アトピー性皮膚炎治療TOP >  アトピー性皮膚炎の治療

アトピー性皮膚炎の治療について

スポンサードリンク

アトピーにはさまざまな治療法があります。
アトピーはさまざまな原因を持つ皮膚病ですので今の段階では
薬物療法だけではアトピーを完全に治すことはできないとされます。

アトピーの薬物療法の中でも主なものとしては外用薬としてステロイド
使用することが多いようです。
ステロイドは副腎皮質ホルモンといい体の中にもあるホルモンです。
副腎皮質ホルモンは、体の免疫や代謝機能を整える役割があり、
おもに炎症を抑えてくれる効果があります。
ステロイドは体に無くてはならないホルモンなのです。

ステロイドアトピーの痒みと炎症を抑えてくれる効能を持ちますが、
長期間使用すると副作用が出てくる可能性があります。
副作用には皮膚が赤くなったりジュクジュクしたりまた皮膚が薄くなることもあり、
高濃度での使用も注意が必要です。

ただステロイドの副作用の情報だけ知っていても適切なアトピーの治療の
助けにはなりません。適切な薬の使用がその人にとって最適な治療なのですから、
医師の判断にしたがってください。
特にステロイドを長期使用後に途中で勝手にやめたりすると
アトピーの症状が悪くなる可能性もあります。

スポンサードリンク

    


                            アトピー性皮膚炎治療TOP