アトピー性皮膚炎治療TOP >  ステロイドとは

ステロイドとはアトピーの薬物療法で使われます

スポンサードリンク

ステロイドとは、アトピー性皮膚炎の薬物治療でよく行われているもののひとつで、
ステロイド外用剤といい、外から肌に塗る薬です。
ステロイド外用剤は副腎皮質ホルモンでできていますが、
副腎皮質ホルモンは本来は体の中にあるホルモンで、過敏になっている
免疫反応を抑えてくれるものですので症状の炎症を抑えたり、
免疫などのバランスを整えてくれることで原因物質に対抗したりという効能を持ち、
現在最も効くとされている外用薬です。

ステロイドにも外用薬のほかに内服したりできるものもあるようですが、
注意しなくてはならないのは、薬物治療ではアトピーの症状をよく抑えることはできても
原因を取り除くわけではないということです。
アトピーは皮膚の炎症ですから掻き壊すことによって広がり、
その痒みがましてゆき悪循環に陥ります。
それらのアトピーの痒みや広がりを抑えるために使用するのであれば
とてもよい薬であるといえます。
ステロイド外用薬には効き目に応じてさまざまな強さがあり、ウイーク(弱い)・
ミディアム(普通)・ストロング(やや強い)・ベリーストロング(かなり強い)・
ストロンゲスト(最も強い)という風に分かれているようです。

これ等はアトピーの炎症のひどさやどこに炎症が出てきているかによって
使い分けを行います。ステロイドの使用に関しては、根本的な治療でないことや
副作用が気になるためか使用は積極的でないという人が多いようです。

スポンサードリンク

    


                            アトピー性皮膚炎治療TOP