アトピー性皮膚炎治療TOP >  ステロイドの内服薬と静注薬

ステロイドの内服薬と静注薬について

スポンサードリンク

ステロイドには外用薬と内用薬、静注薬とがあります。
ステロイドの内服薬は主にリュウマチなどの膠原病、水庖症等急激に
発疹を抑える必要があるときに使用し、通常は症状が強いとき以外
アトピーには外用薬を使用するようです。

ステロイドの内服薬も副腎皮質ホルモンでできており、副腎皮質ホルモンのうち
糖質コルチコイドという物質を合成したものを治療に用います。
効能は炎症を鎮めて免疫機能が過敏になっているのを抑えます。
内服薬はあまり頻繁に飲むと副作用が問題になるため用途が限られているのです。

ステロイド剤の内服薬は、一錠飲む分が一日の体内の分泌と同じ量になるように
作られています。薬の種類とつよさによって一日分の量に調節するのです。
ステロイド内服薬の使用法としては、はじめに十分な量の薬を飲んで
効いてきた後に徐々に薬の量を減らしてゆくという方法をとります。
これ等の薬の量はその人によって異なってきます。

ステロイド内服薬を使用していると、体内で副腎皮質ホルモンを作っている
機能が低下してきますので、急にやめると体内の副腎皮質ホルモンが
不足してきてしまい危険な状態になりますので減らす速度もゆっくり行います。

ステロイドの注射は、急激な発疹がでるなどして症状が重いときに用います。
内服だけでは効果が足りないというときに大量にステロイド剤を注射する方法で、
パルス法とも言います。

スポンサードリンク

    


                            アトピー性皮膚炎治療TOP