アトピー性皮膚炎治療TOP >  ステロイド外用薬について

ステロイド外用薬について

スポンサードリンク

アトピーの治療で薬物療法を行うときにはステロイド外用薬を
用いるのが一般的です。
しかしアトピー性皮膚炎では炎症の部分が体の色々なところにでき、
またその体の部分によって皮膚の弱さがちがいますので
それらに適したステロイド外用薬を使用しなければなりません。

ステロイドは作用が強いほどその副作用も現れやすいため、
適切な使用が期待されるものです。
湿疹の程度によって痒みが無く軽い湿疹の場合にはステロイド外用薬を
使用しなくてよい場合もあります。

乾燥性の湿疹で皮膚がかさかさしたものについては保湿クリームを塗り、
乾燥性の湿疹で痒みが伴うものには弱いステロイドを塗ります。
炎症の程度が強くなると湿疹は赤みを帯びてきますが
その際にも弱いステロイドを使用します。
赤みが強くなり掻き壊している状態ですと強めのステロイドを使用しますし
掻きすぎで二次感染を起こし黄色い液体が出ている状態になると、
抗生物質を含んだステロイド外用薬をぬることになります。

ステロイドはできるだけ弱いものを副作用が出ない範囲で短期間に使用するのが
適当な使い方とされ、ステロイドを塗るときは清潔な手で薄く広げるようにして
塗るようにして一日2〜3回まで塗るのが好ましいようです。

スポンサードリンク

    


                            アトピー性皮膚炎治療TOP