アトピー性皮膚炎治療TOP >  ステロイドの副作用

ステロイドの副作用について

スポンサードリンク

一般にアトピー性皮膚炎の薬物治療にはステロイド外用剤が使われることが
多いのですが、アトピーになると体のあちこちに炎症ができることになりますので
体の部位によって皮膚の弱さ(ステロイドの吸収率)が違ってくることもあり、
皮膚の弱さに対して薬が強いときなどに副作用が起こってきます。

顔に外用薬を塗るときは、ステロイドと一緒に免疫抑制剤を塗ることが多いようです。
免疫抑制剤は湿疹が軽くなるに連れて吸収される量も減ってきますので、
急に使用するのをやめたりしてもアトピーに影響は無いのですが、
ステロイド剤の場合は中止するのにも医師の指示を仰いだほうがよい場合が多く、
急にやめたりするとアトピーが悪化したりすることがあります。

ステロイドは皮膚炎と痒みを抑えてくれる作用を持つのですが
強いステロイドを長期間塗り続けると色々な問題が起こってきます。

副作用の主なものといえば皮膚が薄くなること、皮膚のしたの血管が大きくなり
赤みを帯びてくること、湿疹が膿んだりして二次的に感染症にかかってしまうこと
等があります。

ステロイド外用剤は炎症を抑える効果はもちろんですが後の副作用が
起こることを考えるため、一人ひとり処方が異なってくるものです。
副作用が起こる可能性があってもうまく使うことでよい効果が現れる薬ですから、
医師とはよく相談しあって疑問の無いようにしておくとよいでしょう。

スポンサードリンク

    


                            アトピー性皮膚炎治療TOP