アトピー性皮膚炎治療TOP >  アトピーの症状とかゆみ

アトピーの症状とかゆみについて

スポンサードリンク

アトピーはアトピー性皮膚炎とも言い、生体が異物やストレスに対して起こす
アレルギー反応のひとつです。
アトピーはこのうち皮膚に炎症を起こしやすくなる病気です。

生体内に異物(アレルゲン)が入りこみ免疫グロブリンという物質ができ、
アレルゲンが取り除かれないままだと、しまいに免疫グロブリンを持つ細胞から
からだに炎症を起こす物質が生み出されるのです。

アトピーの炎症はしだいに体にとってかゆみという感覚として感じ取られて、
そのかゆいところをかきむしることによって皮膚炎の部分が広がってゆくのです。

広がった皮膚炎をさらに書いてしまうため皮膚炎の部分はさらに増えますので
かゆみも増し夜に眠れなくなるなど生活に支障が出てきます。

また掻く事で皮膚の防御力が弱くなり、ブドウ球菌や連鎖球菌などの
細菌類によって皮膚に感染症を引き起こすことにもなります。

この病気はかゆみの症状がひどいため、治療がかゆみを抑えることに
重きをおかれてアトピーそのものの原因はそのままで、病気は続いていく
という問題を抱える傾向にあります。

スポンサードリンク

    


                            アトピー性皮膚炎治療TOP