アトピー性皮膚炎治療TOP >  アトピーとアレルギー

アトピーとアレルギー

スポンサードリンク

アトピー性皮膚炎アレルギー反応のひとつで、アレルギーを起こす物質が
皮膚などについたり、口や鼻から吸ってしまったり、食品としてからだの中に摂取されると
アレルギー反応が起きます。

正常な人の免疫システムでは体内で抗体や白血球や肥満細胞等が
グループになって異物(アレルゲン)から身を守っているのですが、
敏感な体質の人については無害なものに対しても免疫システムが働いてしまいます。

この免疫システムにおいて、体内にてアレルゲンが免疫に接することで
免疫グロブリンE(IgE)という物質ができます。

IgEは抗体のひとつでもともとは体を守る役割をはたす物質なのですが、
体内で過剰に反応してしまうとアトピー性皮膚炎の元になってしまいます。

IgEは一度できるとまず白血球や皮膚に存在する肥満細胞に結合して、
アレルゲンに対して過敏になります。
その後再びアレルゲンに触れてしまうとこれらのIgEを持つ細胞から、
ヒスタミンなどのかゆみをひきおこす物質を生み出して、
その周りの組織にアトピーという炎症を起こすのです。

スポンサードリンク

    


                            アトピー性皮膚炎治療TOP