アトピー性皮膚炎治療TOP >  アトピーとは

アトピー性皮膚炎について

スポンサードリンク

アトピーは、正式な名称を「アトピー性皮膚炎」といいます。
アトピーは湿疹のうちのひとつで、原因がアレルギー反応である湿疹のことです。

アレルギーというのは自分の体に異物(アレルゲンといいます)が入ることによって
体が過剰に反応します。
その結果、かゆみを伴う湿疹というかたちで体に現れてきてしまいます。

これまでのアトピーは体が即時に反応して炎症を起こしてしまうもの(T型)でしたが、
現在では即時的な反応と、ゆっくり広がる反応との混合的な進み方(T型とW型の混合)
をすると考えられています。

はじめに皮膚の炎症とともにかゆみが生じ、アトピーにかかった本人が
かゆさに我慢できずに掻いてしまうことから広がってしまうことが多いようです。

アトピーは、湿疹が広がる過程で主たる症状にかゆみが大きいことから、
このかゆみを抑える方向で治療が行われがちなのですが、
原因はかゆみ以前のアレルギーの問題ですので、ここから解決せねばなりません。

アレルギーの原因となるアレルゲンには食物や花粉など、本来人体に無害なものが多く、
アレルギー反応自体も完全には良くわかっていない疾患のひとつです。

スポンサードリンク

    


                            アトピー性皮膚炎治療TOP